抜け毛の悩みは男性だけじゃない!

女性が想像する以上に、男性の薄毛に対する悩みやコンプレックスは大きいようです。
ですから、AGA治療で画期的な治療法が出てきている状況は、悩んでいる男性にとって一筋の光が差し込んできたような想いでしょう。
しかし、抜け毛の悩みはAGA治療を行っている男性だけではありません。
女性でも抜け毛や薄毛に悩む人はいます。

たとえば、産後ママの悩みの1つに髪の脱毛があります。出産を機に、抜け毛が酷くなったと悩んでる方はたくさんいらっしゃいます。
排水溝に詰まった抜け毛を見て、何かの病気ではないのかとさえ思わせるような抜け毛の多さに、まず初めてなら驚かれることでしょう。
「母乳育児」と「髪の脱毛」、この2つの関係について説明していきます。

産後に起きる抜け毛トラブル、なぜごっそり抜けてしまうのでしょうか。産後、洗髪の際に髪がたくさん抜けるというのは、「産後脱毛症」と言われ、産後に良くある症状ともされています。この原因はホルモンバランスの影響によるもので、妊娠中に増えた女性ホルモンが出産と同時に一気に減少し、脱毛に繋がります。女性ホルモンは発毛促進、抜け毛を防ぐ作用がありますので、この減少により、髪だけでなく体毛も抜けます。妊娠中は発毛が進んで体毛が濃く、出産後は体毛が薄くなる傾向があります。

脱毛の原因はホルモンバランスであって、母乳とは関係ありません。原因としては、「栄養不足」「ストレス」「睡眠不足」があります。栄養バランスが崩れていると抜け毛は酷くなり、特に母乳育児を行ってるとママの栄養は赤ちゃんにとられます。つまり、母乳を作るためにもエネルギーは必要になり、発毛にも当然必要です。なれない育児でストレスなど抱えてしまうこともあります。髪が抜け落ちたことで、さらにストレスに拍車をかけ、溜め込んでしまいます。栄養とカロリー不足にならない様に注意が必要です。赤ちゃんの生後間もない頃は、睡眠不足にも悩まされます。髪は睡眠時に成長するので、睡眠不足が抜け毛の原因ともなっています。

髪が食べ物から作られるのは知っているかと思いますが、特に母乳育児をされているときは栄養が赤ちゃんに取られてしまいます。また、寝不足も同じことが言え、育児に追われて充分に食事が取れず、栄養不足に陥っていることも考えられます。総合的な意見としては、母乳中の育児にはこれらを改善させる必要があるということになります。
ヘアサイクルが落ち着けば半年から一年で戻りますから、発毛のためにも前向きに行っていくように心がけましょう。