agaの内服薬にはどんな種類がある?

男性の場合、薄毛の原因は「aga」であるケースが多いようです。
agaは男性型脱毛症とも言われており、生え際と頭頂部といった、頭皮のあr一部分だけが薄くなる傾向にあります。
この脱毛症が起こるのは、男性ホルモンが原因です。
男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛根にある毛毛乳頭の働きを阻害し、髪の成長を抑制してしまうのです。
髪の成長期が短くなり、髪自体が細く抜けやすくなるのが特徴です。
そのまま放置していると、徐々に薄毛が進行してしまうので、早めに対策を行いましょう。
男性ホルモンが引き金となっているので、育毛剤や頭皮マッサージといった、自己流のケアでは改善できません。
agaを改善するには皮膚科やメンズクリニックでの、治療を受ける必要があります。
治療には、内服薬を処方するケースが一般的です。
内服薬には、プロペシアとミノキシジルが用いられます。
プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を、抑制する効果を持つ内服薬です。
ミノキシジルは頭皮の血行を改善する効果があります。
内服薬による治療は、1ヶ月1回程度、通院するだけで済みますし、どちらの内服薬も1日1錠だけ服用するタイプなので、忙しい方でも行いやすい点が魅力です。