暗記したことを長く定着させるには、どうすれば良いのでしょう? 暗記したことを忘れないためには、脳に「重要なこと」だと認識させて、記憶として定着させる必要があります。 そのために重要なことは3つです。 ・繰り返し覚えること ・内容に興味や関心をもつこと ・睡眠をしっかりとること 確かに覚えたはずなのに、少ししたら思い出せないなんて経験は誰にでもあるものです。 その原因は、「重要でないことは記憶として残さない」という脳の構造にあります。 人間の脳にも容量のようなものがあり、過去からの記憶を全て残しておくことができないので、重要でないことは寝ている間の脳の処理で捨てられてしまうのです。 また、深い悲しみや苦しみを抱えたままでは生きていくのが困難ですから、嫌なことは徐々に忘れるようにできています。 そして、重要な出来事や自分にとって興味深いことなどは、記憶として定着されます。 その処理を行うのが睡眠中です。 ですから、睡眠時間を削って嫌々勉強して、無理やり覚えたとしてもあまり意味がありません。 記憶を定着させる機会を減らしてしまっている上に、嫌な気持ちで覚えているため、「嫌なこと」として消去されてしまう可能性が高くなってしまいます。